アームスで大切なこと①


みなさんこんにちは^^
講師の由梨です。

今日は上半身の中でもアームスのことについて少しお話したいと思います!
今回は2点に絞ってみました!

1.先生、上手な人の形と自分の形を比べてみて何が違うのかを発見する。
2.「形を作る」ことが目的ではない!形だけにとらわれない!

の2つにしてみました。

まずはひとつめ。

アームスの質問は様々な方からいただくのですが、まず、自分と先生だったり上手なひととの
違いは何のか、見つけていくことが大切です。
最初の頃は先生の動きを真似してとにかくやってみる!という感じだったと思います。
そこから次の段階として、自分の腕、なんか変だな、どう動かしていいのか、どこを通ったらいいのかわからないな、
と思ったら、まず先生と自分の間違い探しをしてみるといいです。
この子供のときにやった間違い探し、二つの絵を見比べて何が違うのかみつける。
この間違い探しの感覚に近いものがあると思います。
鏡に映った先生と自分の形どこが違うのか、ポーズは同じだけど、腕が短く見えてしまったり
膝が曲がってしまっていたり、体の角度が異なったりするだけで違って見えてしまいます。

最初は難しいと思いますが、この間違い探しが出来るようになると
上達していくスピードが上がっていくと思います!

小さい子供でも、先生の見本の真似をするのが上手な子は上達するのが速いですね!!

もちろん最初からこれが得意なひともいますが、
意識していけば必ずついてくる能力だと思います^^
少し慣れや訓練が必要ですが、ひとつ意識の中に取り入れてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る