アームスのポジション、通り道


皆さんこんにちは由梨です!
今日はアームスのことについて少しお話していきたいと思います!

アームスのポジションは、アンバー、アンナヴァン、アンオー、アラスゴンド
主にこの4つがあると思います。

まずバーで使うポジション、この4つは必ず出てきますよね。
最初はアンバー(片手バーで始まるやり方もあります)そこからアンナヴァン→アラスゴンドに
開いて片側の手でバーをもちます。
このように、バレエにはポジションをきちんと通過する腕の通り道があります!
必ずポジションを通過して動いていきます!
どこからともなく表れたりはしません(笑)
いったいどこのポジションを通っているのか、それが明確になると複雑な腕の動きになっても
ちゃんと綺麗に動かせるようになります!

また後ろタンデュで出てくる腕で、アラベスクポジションの手があります。
腕を顔の前目線の高さに持ってきて手のひらが下向きになっている状態ですね。
基本的にこの腕は、下から持ってきてください!
アームスがアラスゴンドになっていたら、アンバーアンナヴァンを通過してアラベスクの手になります。

逆にアンオーから降りてくるときは、そのまま顔の前を通過して、
アンナヴァンから丁寧にアラベスクポジションに持って行きます!

このようにバレエの腕の通り道はガイドラインのようにポジションを通過していく、と決められています!

少しそんなことを思いながらレッスン前に整理してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る