プリエの大切さ・・・


皆さんこんにちは!講師の由梨です!
もう12月になってしまいましたね。
きっとクリスマス、年末とあっという間にきてしまうのだろうなと思っています。

さて、最近の私のコンフォタブルバレエのクラスでは、プリエを大切に取り上げています。

プリエはお膝を曲げ伸ばしする屈伸運動とは少し異なります。
股関節をアンドゥオール(外旋)するから膝が曲がる・・・というのが理想です!
意識、イメージとして、股関節を縮めていくような感じです。
パッセ(ルティレ)にあげるとき、お尻からではなく股関節で縮める、とよく言われませんか?
その感覚、プリエでも同じようにしてみてください。

バーなどのプリエは柔らかくじんわり股関節を屈曲していきましょう。

股関節を縮めるというのも、お尻を後ろに出すような屈曲の仕方はNGです!

一番ポジションに立ち、お膝の位置、高さを下げない(変えない)ようなつもりで、
プリエをしてみてください、自分の骨盤をまっすぐ下に、
股関節が縮んで仕方ないから膝が開いて曲がっていく・・・
そんな感覚を覚えていただけたら嬉しいです!
それが正しいプリエになります!

ジャンプのときに、プリエで着地する=膝を曲げて頑張るではないのでご注意を!!
プリエは膝でするものだ!と思っていると確実に怪我に繋がりますので、
少しずつ色々なパが出来るようになってきた方はそんなことも意識してみてくださいね。

まだ12月にしては暖かいですが、水分補給も忘れず、
体調面も気をつけてレッスンしてくださいね!

ゆり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る