デリエール(後ろ)に脚を出したときの上半身を保つ方法:渋谷(火)12:45入門Aクラス


先ほどに続きまして、
今度はAクラスです!!

Aクラスは踊りの要素も入ってきますし、
難しいとかんじることもたくさんあると思います。

私が一番うるさく(そこまででもないですが)言うとすれば、
デリエール(後ろ)に脚を出したときの上半身です。
どうしても連れていかれやすい上半身、
骨盤の向きだけを変えていくのではなく、
背中、腰、お尻、全体的に意識をしてあげてください。
腰が連れて行かれているということは、
おそらくその上の上半身も連れて行かれています。

アラベスクまであがってしまうと、お尻の位置は少し重なってきますね。
ですが、タンデュくらいであれば、腰の位置、上半身の位置は変えずにいきたいです!

デリエールはアンドゥオールが大切です。
アンドゥオールといっても、思いっきりグルグルまわすのではなく
奥の奥の奥のほうを小さくキュッと外旋してください。
次回この辺はわかりやすく説明していきたいなと思っております!

今日もお疲れ様でした!!

由梨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る