当たり前のことを当たり前としてやる


皆さんこんにちは、由梨です。

ちょっといきなりきついタイトルですが(笑)、
今日は私が前にいわれたことのある言葉についてちょっとお話していきます。

バレエにはポジションといった決まりごとがあります。
動きもそうですよね、アラベスク、と言われて前に足をあげるひとはいないでしょう。
アラベスクを知っている人であれば、必ず足を後ろにあげると思います。
バレエにはそんな当たり前、のことが多いと思いませんか?
アンオーと言われたら手を上に挙げるのが当たり前、
パッセ(ルティレ)と言われたら膝を曲げて軸足の膝のところにつま先をつけるのが当たり前
(この場合「当たり前」という言葉が適当かどうかちょっと悩むところですが・・・)

ジャンプや床に足が着く前、また床から離れたらつま先を伸ばす、曲がるもの意外は膝を伸ばす・・・
これはバレエで当たり前とされていることですよね?
でもなかなか筋肉が弱かったり、また硬かったりすればこれは当然やりたくても出来ない、
という思いになってくると思います。
そのほかに、本当は伸びるのに、動き出したら伸びなくなる、意識できなくなるという現象が起きますよね。
これは誰もが通る道だと思います。

あるとき
ソッテした下のつま先が伸びきってない、伸ばしなさい!

と先生から注意を受けたとき、伸ばそうと思ってその場で動いて伸ばそうと確認をしていたことがありした。
(おそらく先生から注意を受けたときによくやる行動だと思います)
そのときに、

音でやったときにそれが出来なければ意味がない、いまやって伸びるのに何で最初っから伸ばさないの!
言われてから気づくようなことじゃないでしょう?
バレエなんだから、当たり前のことを当たり前だとおもってやってくれる?

と言われたことがありました。

確かに言われてみれば、そうなんですよね。
他のことに気をとられて出来ることが出来ないのは「意識の低さ」なんだと痛感しました。

ですが
逆を言えば、意識し続ければきちんとできるようになると言うことです!!
バレエで苦手なことや癖において「意識をしなくても出来るようになる」なんてことは無いと思います。
必ずどこかでずっと意識し続けていなくてはならないのだと思います。

なんだかこの文章書きながら思い出して落ち込んできましたが(笑)、
意識し続けることの大切さをちょっと皆さんの頭の中に片隅に置いて欲しいなと思い少しお話しました!

人それぞれ癖や苦労する部分がありますよね、手が後ろにいってしまう、
肋骨が開いてしまう、肩があがってしまうなど、、、
それをずっと意識し続けてあげてください^^
そうすることで体が覚えます。覚えることでちょっとの意識ですぐそこに戻ろうとしてくれます!
意識しなくても、というのは無理だと思いますが、
意識し続けることで変わってくるものであるということ、
是非心の中にしまっておいてください。

またレッスンでお会いしましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る