自分が綺麗に見せれるポジションを探す!渋谷(火)12:45入門Aクラス


先ほどに引き続き
Aクラスにいきます!!

AクラスやBクラスはもちろん月ごとに簡単なテーマを決めてやっていますが、
その都度私がみなさんにやってほしいな、と思うことがあれば
積極的に取り入れています。
私もまだ自分のレッスンを続けていますので、
レッスンごとに発見があります。
自分がわかっていると思っていたことも、まだまだ意識できていなかったり、
新たに気づいたりすることがたくさんあります。

今日少し意識をしたのは、アラスゴンドのポジションです。
横、といわれると、グッと股関節を開いたり無理やり膝をねじったり
しやすくなってしまいます。
もちろんアラスゴンド、またはルティレ(パッセポジション)は
開くに越したことはないかもしれませんが、
自分の骨盤や身体をねじったり、ばらばらにしてまで開く必要はないと私は考えています。
そんなところで、グランバットマンをしたり、ピルエットをしても
正しく、使えているといえるでしょうか?

たとえあまり開かなくても足が上がらなくても、綺麗なラインを作る

これがバレエでは大切なことになります。

もしかした皆さんにはコンプレックスがあるかもしれません。
私にもコンプレックスはたくさんあります。

どんなにがんばってもロシア人のようなアンドゥオールは出来るようにならないですし
(あと千年あっても無理です笑)
バレエをやるのにめぐまれた体型でもなく、身長も足りないですし、
なんともいえない自分の踊りが正直言ってすごく嫌いです。

それでもバレエがすごく好きですし、
ちょっとでもなんとかしたいと思って毎日生きております(笑)

出来ない部分も多いからこそ皆さんと共有できること
また少しでも皆さんの助けになることもあるのではないかなと考えております。

人は人、自分は自分ですのであせらず、
自分のためのレッスンを続けていってくださいね!!
今日はグランワルツが出来ませんでしたので、来週はやりましょうね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る