バレエレオタードの選び方のコツ


バレエレオタードの選び方のコツ

大人になってバレエをはじめた皆さんはレオタードを着ることにちょっと臆病になっていませんか?

そんな皆さんにはレオタードの選び方をお教えしていきます。

自分のお気に入りを見つけて今よりももっと楽しくレッスンしていきましょう。

もちろん「コツ」を伝授していきますよ!

レオタードを着るメリットは?

実は、「メリット」はいっぱいあるのですよ!
バレエは人間の肉体で現せる最高の芸術とも言われていますが、レオタードの存在の意味は、ボディーラインがはっきりとわかり筋肉の動きを見えやすくするためのアイテムなんです。
また、生地も伸縮が効くので、身体のあらゆる動きにも自然に身体にフィットします。
汗の吸収もよく、速乾性にも優れています。
ポイント!!レッスン時は身体の動きがはっきりとわかるので、先生にもしっかりと直してもらえます。

この写真では肩甲骨がスムースに動かしやすいように工夫され、綺麗な背中がわかります。

レオタードの種類

レオタードにはいくつか種類があります。ここでは4つのポイントを抑えておきましょう。

①形と袖
袖:半そで、長袖、キャミタイプタンクトップタイプオフショルダーホルターネック、など形:ハイレグ、バイクタード、ユニタードなど
②背中の開き
開きが広いものや、狭いものがあります。※バレエ初心者の方やレオタードをはじめて選ぶ際はミゾオチの裏あたりの高さのベーシックなものがベストです。
↓↓コチラでも売っています↓↓

開きが広いもの 開きが狭いもの ベーシックなもの

 

③生地の素材
ライクラ、ポリエステル、コットン、スパンデックス、メリルなど。
④デザイン
特にバストあたりの柄や生地の縫い合わせ方は個性があらわれます。
またショルダー部分から背中にかけての肩ひもがクロスしているものもあります。海外製だと、ユニークなものがいっぱいあります。
↓↓コチラでも売っています↓↓

背中でクロス 大きく開いたタイプ エレガントデザイン

 

★この4つ組み合わせをすることで、どのレオタードが良いかを選ぶ基準にあることを知りましょう。

体型別、似合うレオタード

★ここでは、一番似合うレオタード選び方をお教えします!

まず「色」×「袖」で考えてみましょう。

 

お腹周りと二の腕が気になる方は:
引き締まってみえる「青系」×「半袖」
痩せているが、筋肉がないホッソリ体型の方は:
爽やかさと自然の色「グリーン」×「パフスリーブ」
背が小さくて小柄な方は:
存在感アピールの「赤系」×「キャミタイプ」

 

引き締めの青系 さわやかグリーン系 存在感ある赤系

 

まとめ

メリットがたくさんのレオタード♪

似合ったものを着ることでオシャレも楽しめます。

快適に心地よくバレエレッスンをしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

バレエ上達コラム 記事一覧

ページ上部へ戻る