もう少し気持ちに余裕を持ってレッスンしてみましょう


16
もう少し気持ちに余裕を持ってレッスンしてみましょう

今日のレッスンも一生懸命に頑張ろう!と思うことは、とても大切です。

しかし、あまりにも頑張り過ぎてしまうばかりに、

いろいろなことが見えなくなってしまう場合もあります。

では、なぜ気持ちに余裕を持たせる必要があるのか、まとめてみました。

少し余裕を持つようにしましょう

バレエは、とても厳格な規則があり、それらを忠実に守りながら、踊るための体を作っていきます。

しかしそれだけを一生懸命に考えていると、表情が硬くなるばかりか、逆に筋肉も緊張してしまいます。

そうならない為にも、気持ちの上で少々の余裕を残すことが大切です。

表現することも学んでいきましょう

脚を開くことだったり、バランスをとることだったり、慣れてないうちは、それ一点だけに集中するでしょう。

しかし、それだけだと機械的になってしまいます。

それ以上に、腕の使い方や、顔の向き、表情などによって、表現することが本来のバレエでもあります。

動くことだけに集中してしまい、おろそかになりがちですが、

少し心に余裕を持たせ、視野を広げ、表現力を身につけると、バレエは格段に上達していきます。

レッスンの音楽にも耳をかたむけてみましょう

バレエの練習で欠かせないものは「音楽」です。

音楽に合わせて、いろいろなステップを学んでいきます。

そして、その音楽をよく聞いてみると、動きの性質に合わせられていることはご存知でしょうか。

例えば、アダージオの曲では、優雅でゆっくりですが、アレグロになると、活発で軽やかな曲になっています。

少し余裕が出てきたら、どのような動きの時に、どのような曲が使用されているか聞いてみてください。

まとめ

表現力は、一人一人違います。

そして『いざ、表現してみて下さい。』といわれても、突然にできるものではありません。

普段の練習から、常に心がけることで身に付いていくものです。

そんなこと言われても、実際には動きのステップ、順番などで頭が一杯だと思います。

それらの事を考えつつも、表現力のことも考えられれば理想的ですね。

その為に、少し気持ちに余裕を持たせることから練習してみましょう。

あなたにしかできない、あなた自身の表現力を身につけていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

バレエ上達コラム 記事一覧

ページ上部へ戻る