バレエ上達の為のちょっとしたコツ


18

バレエ上達の為のちょっとしたコツ

もっと、バレエが上達したい!

そんな思いで、レッスンに通われている方も、たくさんいらっしゃると思います。

ただがむしゃらにレッスンを重ねるだけではなく、ちょっとしたコツをつかむことも必要です。

そこで今回はバレエ上達のために、大切なことをまとめてみました。

バーレッスンの目的を知る

バレエの練習において一番の基本にはるのは、バーレッスンです。

そして最終的な目標は、踊れる体になること。

その為に、やらなければいけない課題は、ただ一つ。

自分の重心、つまりは軸を作ることです。

この重心を取る感覚は、自分の中で覚えていくもので、その日によって少しずつ変わります。

毎回のバーレッスンによって、今日の重心を探りながらレッスンすることが、とても大切です。

その為にも、なるべくバーには頼らず、手がいつでも離せる状態のところで、レッスンできるように、心がけましょう。

センターレッスンの目的を知る

バーレッスンが終わると、いよいよセンターレッスンです。

なにより、センターレッスンの目的は、動きと動きをつなげて、軽やかに動くこと。

バーではできない移動する動きや、回転、ジャンプのパなどを練習していきます。

ここで一番大切なことは、早く振りを確実に覚えること。

動きの説明があったら、とにかく何度でも繰り返し、頭の中にたたきこみましょう(これが一番難しいことでもあるのですが)。

そして、その日のレッスンにて出来なかった動きは、必ず復習しましょう。

また、分からないことは、その日のうちに解決することもとても大切です。

それが次のレッスンにつながり、さらに動きの理解度が深まり上達へとつながります。

毎回のレッスンを大切にしましょう

慣れてきてしまうと、マンネリ化することもあります。

その為には、一回、一回のレッスンにおいて、しっかり自分自身と向き合うことが大切です。

そして、動きの一つ一つに対して、何のためにレッスンをしているのか?

しっかりと理解することが大切かと思います。

ただ動きだけを真似て手足を動かすのではなく、きちんとした目的をもって体をコントロールしながらレッスンする。

毎回、このように集中し中身の濃いレッスンになるよう、心がけましょう。

まとめ

今回ご紹介した内容は、どれも当たり前のような内容です。

しかし、この当たり前の事を忠実にやるかどうかで、結果は違ってきます。

バレエ上達への近道はありません。

とにかくコツコツと日々の積み重ねによって、上達していくものです。

そして、レッスンを重ねていくことによって、自分自身の体の事がわかるようになっていきます。

すると、自分自身の微妙な変化にも気づき、コントロールしやすくなってきます。

バレエ上達には、これがとても大切なことでなのです。

長い時間をかけながら、丁寧にじっくりとバレエに取り組んでいってください。

ご自身の変化が実感できるようになると、もっとバレエが楽しくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

バレエ上達コラム 記事一覧

ページ上部へ戻る