バランスを保つコツ


8

バランスを保つコツ

皆さんは、上手にバランスとれていますか?

上手にとは、ただ単に器用に軸足にのっかって、うまくバランスをとり、立っていることではありません。

では、どのようにすることが大切なのでしょうか?

解説していきましょう。

バレエの基本、まずは正しい姿勢作りから

バレエの動きをする中で、最も基本的で大切なこと。それは、正しい姿勢作りです。

これが出来ていないと、動く、踊るどころか、正しくターンアウトをすることさえ出来ません。

まずは、一度正しい姿勢でいるかどうか、レッスンに入ったら、チェックしてみましょう。

「体を引き伸ばす」意識をしましょう

バレエの動きには、定められた規則があります。

その中でも、最も基本となる動きの一つとして、「体を引き伸ばす」ということがあります。

皆さん、つっぱり棒を思い描いてみてください。あの棒は、上下引っ張る力が均等であるからこそ、真っ直ぐに保つことができますよね。

バランスを保つ時も同じ。

「上体を引き上げる力」と、「床を押す力」を同時に、全身を上下にぐっと引き伸ばすようにしましょう。

無駄な力を抜きましょう

バランスを保とうとするあまり、つい エイッ! と、力が入ってしまうことありませんか?

軸を感じる為には、まず無駄な力を抜き、体をゆるめることが大切です。

無理にバランスを保とうとするあまり、力が入ってしまうという人は、必要なところにだけ神経を集中させ、無駄に力が入らないように気をつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

軸をしっかりと感じ取ることが出来たとき、フワット昇天するような感覚が得られることがあります。

ただ、やみくもに力を入れて立っているだけでは、この感覚をつかむことは出来ません。

きちんと、自分の体に集中してコントロールしているからこそ、得られる感覚でもあります。

是非、皆さんもレッスンにて実践してみて下さい

?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

バレエ上達コラム 記事一覧

ページ上部へ戻る