振り付けをカウントと数で覚える


14

振り付けをカウントと数で覚える

前回の振り付けを音楽と一緒に覚えるという方法は、お試し頂きましたでしょうか?

それでは、今回はカウントと数で覚える方法を見てみましょう。

カウントの中で覚える

この方法は、常に心の中で強拍と弱拍をカウントしながら、

例えば、1 ト 2 ト 3ト 4ト ・・・

振り付けを覚えていく感じです。

この方法を取れば、とりあえず音に合わせて振りを覚えることができますが、

数えることに集中するあまり、表現力が失われがちになりますので注意が必要となります。

しかし、音を聞き分けることが難しい場合、または大勢で一緒に合わせて踊る場合は、この方法が確実だと思います。

数で覚える

こちらの方法は、○○を何回やる。

というピースをパズルのように組み合わせて、最終的には完成させるというような方法ですね。

これも場合によっては、とても活用できるかと思います。

例えば、同じ動きを何回も繰り返して行う場合、何回やったのか、分からなくなってしまいますよね。

そんな時、音の中で覚えられれば一番良いのですが、

やはりここは数で覚えた方が、わかりやすく確実という場合もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人によって覚えやすい方法は色々とあり、違うと思います。

ただ、ボーっと振りを覚えようと思っても、なかなか覚えられるものではありませんね。

今回は、このように前回と2回にわたって、具体的に覚え方の例をあげてみました。

皆さんもご自身に合う方法を見つけてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

バレエ上達コラム 記事一覧

ページ上部へ戻る