脚が高く上がりません。どうしたら良いですか?


脚を高くあげるには、柔軟性が一番大事だと思うかもしれません。

確かに柔軟性も必要になりますが、
その中でも特に重要なのは「腸腰筋」の意識です。
脚を高く上げれば上げるほど腸腰筋が必要になります。
腸腰筋はインナーマッスルの1つで、
腰椎と大腿骨をつなぐ筋肉です。

お腹の奥深くにあり、
鍛えにくいですがこれを使えるようになると脚が高く上がります。

骨盤を立て、
腰のアーチを崩さずに大またで歩くことも腸腰筋を使います。

天井から頭が吊られているような意識で、
脚を付け根からではなくもっと上のみぞおちあたりから使ってみましょう。
また脚の付け根の部分をストレッチすることも重要です。

普段の生活で使えていない人は、意識するだけでも変わりますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00
ページ上部へ戻る