まずは呼吸から〜ピラティス〜


桜木町教室にて月曜日13時40分〜ピラティスクラスを担当しております、MAYUMIです。
楽しいGWをお過ごしでしょうか。
本日は4名様ご参加、ご多忙中有難うございます。
クルマのメンテナンスをするようなイメージで、一つ一つパーツを確認していく。
ピラティスは大まかに身体を動かすのではなく、
正確に丁寧に一つ一つお身体を感じ取りながら動かしていきます。
重力に対して負担のない、ニュートラルポジションをまず動く前に必ず確認をします。

仰向けになった時、腰の隙間に指が入る位のスペース、顎は引きすぎず上げすぎず、首肩周りの緊張を取りデコルテを広く意識します。

肩甲骨がしっかりマットに安定し、お尻の方に引き下げるイメージで、肋骨は飛び出さないように、中央に編み込みます。

足は腰幅、膝の間も腰幅で足先まで意識します。
これだけを意識するだけでも、最初は頭がパンクして呼吸を忘れがちですね。
なので、慣れないうちはあれもこれも全て完璧にしようとせず、まずは呼吸、それから肋骨まわりを意識してみましょう。
呼吸も、私はビギナー時代は、厳密にこのタイミングで吸って、吐いてとすると最初はタイミングが狂うだけでちょっとしたストレスになっていました。
でも、呼吸で混乱するのは非常に勿体ないです。
私のキューイングともし逆になっても気にせず、自然呼吸で行ってみて下さい。
焦らず、呼吸をじっくりと。
ピラティス上達のコツは、呼吸からコントロールすることです。
私は腰を手術し、リハビリで始めたピラティスで最初から2ヶ月位ほぼ呼吸メインで指導頂いた位です!
亀の歩みのような地味な動きと呼吸の繰り返しで、3ヶ月、半年とあれよあれよと言う間に身体が楽になり、痛みも軽減し、第三者のパーソナルトレーナーさんが驚くほどの激変ぶりでした。
私が変われたのだから、あなたはきっともっと変われます!
人間の身体の神秘にピラティスを通じ感動し、生涯ボディーワークの学びを重ねていきます。
桜木町教室にて月曜日13時40分よりお待ちしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る