カールアップが辛い方へのコツ


桜木町教室、月曜日13時40分よりピラティスクラスを担当しておりますMAYUMIです。

最近はスマホやPCなどで一日中画面に向かっている方が多いかと思います。
私の生徒さんでも、腰痛はなくても肩こり、首痛に悩む方が非常に多いです。

ピラティスの動きで、仰向けで頭を起こすカールアップがきついですという方に。
毎回、以下のキューイングを入れてます。

うなずきながら頭を起こしましょう。
首の後ろにシワを作らずうなじをながーくしましょう。

仰向けでのポジションでの上体を起こす時、うなずき動作がないと
背骨が屈曲しないので、頭がぶら下がった状態になり首に負担がかかります。
顎が上がりやすい方は、注意してみて下さい。

また、仰向けのニュートラルポジションでも、顎が上がりやすい方は
枕にブランケットをしいて高さを出すと自然に首のカーブができます。

頭は約5キロの重さがあります。

5キロの重さと重力に負けない、しなやかな背骨。
腰椎、胸椎、頚椎、全ての骨と骨のスペースをあけていき、
綺麗なS字カーブで怪我しない身体を手に入れましょう!

ピラティスは女性がやるもの、というイメージがまだまだ強いです。
ダンサーから広まっていった歴史があるからかもしれません。

ですが、ピラティスさんはそもそも男性。
最近では理学療法士さん、柔道整復士さん、アスレチックトレーナーさん、
かなり男性がピラティスを学び指導しています。

私が学んだPHIピラティスは、医療従事者からトレーナーから
様々なバックボーンの方たちがピラティスを学んでます。

ピラティスは男性にも是非トライして頂きたいです!

桜木町教室にて月曜日13時40分よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る