軸足の意識していますか?


皆さんこんにちは、講師の由梨です^^

今日は天気があまりよろしくないですね><;

雨にも負けず、レッスンしていきましょう!!

 

皆さんはタンデュやジュッテ、グランバットマンやデヴェロッペのときに出す足はどんな意識をしていますか?

つま先を伸ばす、指を使って床をこすって出す、お膝は伸ばす、アンドゥオール忘れない・・・

と様々な意識をされていると思います。

今日お話したいのはそんな主役の足ではなく、それを支えている軸足のお話です。

軸足なくして、バレエは踊ることが出来ないくらい、とっても大切な存在です!

軸足がしっかりまっすぐ床に突き刺していなければ、正しい動きをすることは出来ないんです。

引き上げるのも軸足がきちんとあってこそです!

まずは、小指が浮いていないか、土踏まずがつぶれていないか、意識しましょう!

そしてお膝を伸ばすときはきちんと長く伸びていて、曲げるときはお膝とつま先が同じ方向を向いているか

丁寧に確認していきましょう!

そして忘れていけないのは股関節の外旋、アンドゥオールしているかどうか!です。

バレエのレッスンはつま先が外に向いた状態で行って行きます。

ですので、アンドゥオールがまったく出来ていないわけではないんです。

そのアンドゥオールが抜けていないか、何かの動きを伴ったときも継続されているか意識してみてください。

 

たとえば、後ろにタンデュで出したとき、出す足のアンドゥオールは意識していると思いますが、

軸足も同じように意識していますか?

それが出来ていないと、軸足のアンドゥオールが抜けている状態になっています。

お尻はぎゅっと力をこめなくていいので小さく寄せておくイメージをもってください^^

 

ちょっとしたときに軸足はどうなっているか、バーの最中だけでも意識できるようにしていてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

クラス内容予告 記事一覧

ページ上部へ戻る