【 食事面から考えてみる 】~《桜木町スタジオ》月曜日ライラ先生~


ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

今日は「油」について 。

油脂は体にとって大事です。
「油脂=太る」ではないんです!
かと言ってフリーダムに摂取したら、そりゃあ太りますし、体にも悪いです。

なので、私たちは良い油を摂る必要があります。
良い油を摂れば脳機能や体調が良くなる。
レッスンの集中力も上がるわけです。

では、良い脂とは?

**************
良い油の概念:加工工程が少なくて、自然に近く、
酸化してない油
**************

油脂には、植物性と動物性があります。
どっちがいい悪いではなく、質が大事。

植物/動物性の分類以外に、
「脂肪酸」で分類することが出来ます。
この分類を知る方が意味があるかもしれません。

①「飽和脂肪酸」→簡単に言うと、固まってる油
②「不飽和脂肪酸」→液体の油
③「トランス脂肪酸」→自然に存在しない油。←これはなかなかよろしくないです!

具体的には、、、
①バター、ラード、ココナッツオイル
②オリーブオイル、ごま油、菜種油
③マーガリン、ショートニング

更に、②「不飽和脂肪酸」は二つに枝分かれします!

②-A 多価不飽和脂肪酸 →オメガ3、オメガ6
②-B 一価不飽和脂肪酸 →オメガ9

オメガ3 アマニ油、えごま油、青魚
オメガ6 サラダ油、ごま油、紅花油、
オメガ9 オリーブオイル、菜種油

因みに、、、
「サラダ油」ってどんな油か説明出来ます?
あえて、ググッて(検索して)みてください!
きっと使いたくなくなるでしょう、、、。

結論:良い油の摂り方

♦オメガ6は割と簡単に摂れるので意識して3系を摂りましょう。
♦オメガ3&6はなるべく熱を通さないでください!
♦加熱する場合はオメガ9系で、植物性だったらオリーブオイル。
ペットボトルに入ってるやつはホントは止めた方がいいです。
(うちのはペットボトルでした。。。)

動物性油脂は、その動物のお育ちが大事です。
♦畜産肉や養殖魚なら、まぁ、何だかんだお薬(ざっくり説明です)使ってるやつは避けたいですね。
♦で、なるべくそのまんま食べたい。

天然モノは高いですよね、、、。
でも、、、体壊して病院行く方が高くつく可能性がありますよ。

価値観は様々ですが、シビアに考えすぎると何も食べられなくなるので、まずは一緒に知ってください(^^)

♦動物性油脂ですが、上記以外ではギーとかグラスフェッドバター。加熱OK。
(ギーはやや癖があるので、人によっては苦手かもしれません。)

それで、、、全部(トランス脂肪酸以外)をいい感じに摂っていきたいんです。

少し絞るとしたら、
ギー(orグラスフェッドバター)&
ココナッツオイル(or MCTオイル)&
エキストラバージンオリーブオイル&
亜麻仁油(orヘンプシードオイル)

は家に置いときたいですね。

一日の摂取目安:男性120g、女性90g

食事を変えたら、パフォーマンスが変わるかもしれません!
今日からお食事を見直してみませんか?

(参考文献:「世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術、その油をかえなさい!」)

松橋 頼良

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~20:00 土曜12:00~19:00 日曜10:30~19:00

バレエ上達コラム 記事一覧

ページ上部へ戻る