【月曜11:00-入門A】 10000時間の法則敗れる!?第1部 (ライラ先生)【桜木町】


こんにちは!バレゾナンス講師のライラです。

今日は少しでも早く上達するためのレッスンを受ける際の秘策(!?)をご紹介します!

皆さん、タイトルにもあります「10000時間の法則」って聞いたことありますか?
簡単に説明すると、「身につけたいスキルを10000時間練習すれば身につく」というものです。
が、実はこの法則に疑問を呈する見解も出てきているみたいでし。

ジャンルによって変わるのですが、音楽やスポーツ(バレエはここにあたりますね!)は
練習そのものが私たちに与える影響は2割くらいだそうです。
つまり、何かをマスターする上で練習が身につけてくれる割合が2割くらいだとか。

ちなみに様々なジャンルを平均すると、練習が与える影響は1割強だそうです。

低っ!
ただ、誤解しないでください。練習しなくていいわけはありません。
要するにスキルアップに大事なことが他にもあるんですよー、ということです!

まず、練習そのものの質をあげましょう!闇雲では意味がありません。(当然すぎる笑)

先生の言った言葉を咀嚼しようとするかどうかで圧倒的にスキルアップのスピードが変わります!
色々なクラスに参加している人は分かると思いますが、プリエひとつ取っても先生によって説明のしかたが様々です。
ですか、ゴールは同じです。
山登りと同じでアプローチ(どこから登るか)が違うだけで、目指す山頂は全員一緒なのです。
色々な先生のメッセージを聞き漏らさずにレッスンを受けることをオススメします☆
きっと沢山の「金言」がありますよ!

そして、練習にプラスしてスキルを高めてくれるものは何なのか。

つづきは「第2部」で!笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

バレエ上達コラム 記事一覧

ページ上部へ戻る