やっぱりポールドブラは大切。 【品川・月曜・NANA先生】


こんにちは、バレゾナンス講師のNANAです。

今日はバレエを行う上で最も基本のポールドブラについてです。

ポールドブラとは日本語に訳すと

腕の動き

腕の運び

という意味です。

バレエが発祥した頃、まだバレエの技術が今ほど発達していなかったので、上体で表現する事がほとんどでした。

衣装のチュチュはもちろん長く、足はあまり見えず、美しい上半身と、腕の動きで踊っていたわけですね。

そう考えると、腕の動かし方というのはバレエで最も古くから伝わる一番大切な元になる要素だと私は思っています。

沢山足が上がること

沢山回れること

沢山ジャンプできること

どれも出来たらとても素晴らしいですが、その時に腕の動き、手の位置が美しくなければ完成形とは言えないのでは。。

私のクラスでは手の動きに関しての声かけを多くして、生徒さん自身に意識していただけるようにしています。

また、センターの初めには必ずポールドブラを確認する時間を設けて、何回も行う事で正しい手のポジションを身につけていただこうと思っています。

音楽に合わせて上体と腕を正しく使っていれば、とても美しく見えるものなのですよ。

ぜひレッスンで体感してみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バレゾナンス総合お問い合わせ:品川高輪教室代表電話:03-6450-3412受付時間:月曜-金曜12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00

バレエ上達コラム 記事一覧

ページ上部へ戻る